明治神宮野球大会詳細は日本学生野球協会へ>>
平成19年11月10日(土)から4日間


早大 準優勝

11/14(水) 神宮球場 第2試合(13:00)
決勝 早 大 0 - 2 東洋大
11/13(火) 神宮球場 第3試合(13:30)
準決勝 早 大 3 - 2 八戸大
11/12(月) 神宮球場 第3試合(13:30)
2回戦 早 大 10 - 3 九州産業大



決勝:3戦連続で先発し、6回を無失点と好投した斎藤佑投手
決勝
早大は東洋大・大場の前に準優勝に終わった。斎藤・大場の両先発が6回まで共に被安打1の好投。7回に斎藤から継投した松下が、先頭の藤田に甘く入ったスライダーを左中間へ運ばれ先制を許した。その後のピンチは須田が切り抜けたが、9回にも大石が大野の左線二塁打で1点を奪われ試合を決められた。早大は6回一死二塁のチャンスに細山田・松本が連続三振に倒れるなど、大場に二桁の三振を奪われ、三塁を踏ませてもらえなかった。



準決勝:先発の斎藤佑からリレーし、好リリーフした早大大石投手
決勝
早大が逆転で決勝進出を決めた。3回に八戸大は斎藤佑の暴投と岩本の犠飛で2点を先制。早大は4回に二死満塁から小野塚が詰まりながらも左前に落とし二者生還で同点とし、5回に田中幸の右中間三塁打で逆転。6回から継投した大石も好投し八戸大の反撃を許さなかった。


準決勝:3回に同点の2点適時打を放った早大小野塚選手



2回戦:4回に逆転の二塁打を放った早大上本選手
2回戦
早大が7回コールドで準決勝進出。九産大は初回に藤中の犠飛で先制、3回にも清水の二塁打で2点を追加。早大は4回に上本の二塁打などで逆転。その後は代わった松下が好投し九産大の反撃を許さなかった。7回には松本の2ランと小島宏の適時打でコールド勝ちをおさめた。


Copyright Tokyo Big6 Baseball League All Rights Reserved.