第28回ユニバーシアード競技大会 野球競技:7月6〜11日(韓国/光州市)
大学日本代表に六大学から9選手、代表チーム監督は明大・善波監督 詳細>>
上原 健太 柳 裕也 澤田 圭佑 坂本 誠志郎 茂木 栄五郎 横尾 俊建 高山 俊 谷田 成吾 佐藤 拓也



第64回全日本大学野球選手権大会
6月8(月)〜14日(日)(雨天順延) 神宮球場・東京ドーム

全日本大学野球連盟>>

早大優勝(3年ぶり5回目) 早大・茂木がMVPと首位打者
第7日 6/14(日) 13:00 神宮球場
決勝 早大 8-5 流通経済大
第6日 6/13(土) 14:00 神宮球場 第2試合
準決勝 早大 11-2 上武大
第4日 6/11(木) 16:30 神宮球場 第4試合
準々決勝 早大 4-3 専修大
第3日 6/10(水) 14:00 東京ドーム 第3試合
2回戦 早大 12-0 東海大北海道

[決勝戦]
優勝の瞬間マウンドに駆け寄る早大ナイン

優勝旗を授与される早大・河原主将

最高殊勲選手賞と首位打者賞(13打数8安打、打率.615)を獲得した早大・茂木選手



2015春季リーグ戦
テレビ放送
早大優勝(6季ぶり44回目) 首位打者 丸子(早大)、最優秀防御率 大竹(早大)

早大・大竹耕太郎
投票結果 >>

第8週
5/30 (土) 13:00
慶大 0 - 4 早大
5/31 (日) 13:00
早大 7 - 2 慶大
延長回数などの規定 >>
 順位表 全日程終了 5/31
    勝点 勝率
1 早大 12 10 1 1 5 .909
2 法大 12 8 4 0 4 .667
3 慶大 11 6 5 0 3 .545
4 明大 12 6 6 0 2 .500
5 立大 12 3 8 1 1 .273
6 東大 11 1 10 0 0 .091
打撃成績ランキング(終了)
打率
1 丸子 48 21 1 8 .438
2 茂木 41 16 5 11 .390
2 若林 41 16 0 7 .390
4 道端 43 16 0 8 .372
5 菅野 38 14 2 8 .368
投手成績ランキング(終了)
防御率
1 大竹 4 1 50 2/3 5 0.89
2 上原 3 2 24 2/3 4 1.46
3 加藤拓 4 2 44 1/3 11 2.23
4 2 3 39 2/3 10 2.27
5 森田 1 2 30 12 3.60

2015年
東京六大学野球連盟は
結成90周年



東京六大学野球連盟は、2015年、結成90年を迎えました。
本年の春季、秋季リーグ戦では各大学のユニフォームの右袖と審判服にこの90周年 マークをつけて臨みます。

内野スタンド上段にファミリーシートテーブル席新設



4人掛けテーブル席が、神宮球場 1塁側・3塁側の内野スタンド最上段部分に、それぞれ10テーブル、新しく設置されました。
詳細はこちら >>
5/30(土) 優勝を決め、マウンドに駆け寄る早大ナイン
天皇杯を受け取る早大・河原主将 首位打者
早大・丸子選手
最優秀防御率
早大・大竹投手

5/31 (日) の試合
早大 連勝で13季ぶり勝ち点5の完全優勝 
初先発小島好投で快勝


早大 7-2 慶大

リーグ戦初先発で勝利を挙げた早大・小島投手



5/30(土) 早慶戦、満員の観衆で埋まる神宮球場



    2015年の試合 過去の試合一覧 >>

東京六大学野球社会人対抗戦 4/4(土)〜4/6(月)
東京六大学野球春季リーグ戦 4/11(土)〜
第28回ユニバーシアード競技大会 野球競技:7月6〜11日(韓国/光州市)


六大学野球部公式ウェブサイト
    ニュース 過去のニュース >>
2015/06/28 New
東京六大学野球連盟 合同新人研修会を開催
2015/05/01
ユニバーシアードに出場する大学日本代表に六大学から9選手選出
2015/04/08
ホームランボール、ファールボールと交換で「東京六大学野球90周年ミニノート」をプレゼント
2015/03/30
TOKYOROCKS! 2015年版アプリをリリース
御礼
 4月11日から明治神宮野球場で開催いたしました平成27年度東京六大学野球春季リーグ戦は5月31日、全日程を終え閉幕いたしました。今季は最終週の早慶戦で早大が1勝、慶大が連勝すれば優勝決定戦という展開となり、早大が1回戦で勝利し6季ぶり44回目の優勝を果たしました。44回の優勝は法大と並ぶ最多優勝回数で、2回戦でも勝利して勝ち点5の完全優勝を達成しました。早大は今季のリーグ戦では打線が好調を維持して若い投手陣を支え戦前の予想をはるかに上回る戦いぶりでした。優勝候補とされていた明大、立大の両校がBクラスとなり、秋季での奮起が望まれます。東大が法大を6−4で下して94連敗でストップしたのも大きな話題となりました。今季は早大、慶大の活躍もあり昨年春のリーグ戦と同様の多くの観衆がつめかけました。春季新人戦も3日間の日程を終え、決勝で立大が早大を下して10季ぶり15回目の優勝。投手陣が二試合連続零封の活躍でした。リーグ戦開催にご尽力いただいた関係各位、連日母校の野球部を応援してくださった学生の皆さん、熱心に声援を送ってくださったファンの皆様に心からお礼申し上げます。
東京六大学野球連盟

2015春季
新人戦
立大優勝
(10季ぶり15回目)

[決勝戦]7回を3安打無失点に抑えた立大・伊藤翔投手
詳細はこちら
登録部員(2015春季)
各選手のリーグ戦通算成績も掲載
リーグ戦個人通算成績ランキング
打撃][投手(現役選手のみ)
選手検索 Player Search >>
検索して個人通算成績を表示
野球・ソフトボールを東京オリンピック正式種目に! #キャッチボール 野球編
    お知らせ
「東京六大学野球オフィシャルカ−ド」の観戦券提供特典終了
映像の二次使用について
プロ野球ドラフト会議2014
六大学関係指名選手

当連盟へのご意見、ご要望はこちらへ
|  家事代行 | 
※[PR] 外部サイトへ移動します。 (リンク先の内容に関する一切の責任は当連盟では負いかねます)